美味しいご飯の炊き方

ごはんモードの付いたガス台を購入した。

NORITZ NW61QVR

付属品として付いてきた「おいしくご飯が炊ける鍋」を使用して、ご飯を炊きます。この鍋は、3合炊き用です。

dav

お米2合を洗い10分間だけ水につけました。(本当は1時間くらい浸けておくと良いらしいが、時間が無かった)

蓋をしたら、いよいよガスを使っての炊飯を始めます。

dav

イザ!スイッチオン(画面では下のスイッチを押しました。)

火が付いたのを確認後すぐにご飯マークのスイッチを押します。1度押すとご飯の横のライトが付きます。2度押すとおかゆにライトが付きます。ちなみに・・・もう一度押すとご飯に戻ります。間違っても焦らなくて大丈夫!!

そしてまたすぐに、ごはんモードスイッチの下にある火力調整バーを、真ん中のご飯てんこ盛りイラストに合わせます。

cof

後は、ガス台が勝手に火力調整をしてくれます。

初めは中火くらいで強火になりとろ火になってもう一度強火になっていたようです。こんな微妙な火加減を手作業で行うにはかなりの努力と熟練が必要であろうと推測しました。(難しい)ガス台がすばらしい仕事をしてくれるのを目の当たりにしました。

自動で火が消えて10分くらい過ぎるとブザーがなります。

nfd

ふたを開けると、表面にボツボツとした穴が空いています。

サックりとご飯をほぐすと、ふっくらとした艶やかなつぶつぶが光ってました。

厚釜で圧力炊きの電気炊飯器で炊いたご飯を毎日食べております。結構美味しくたける方と思っていました。

が、しかし、同じお米と思えないくらいに、粒がしっかりと光ってもちもちの美味しいご飯が炊けました。ガスの火力と絶妙な火加減の成せるわざと思います。

さらに10分後にまたブザーが鳴りました。

なぜ???とガス台を点検してハッとしました。自動で消火してくれるので、うっかりスイッチを消す事を忘れておりました。ここまで世話をしてくれるの?と感心しきりです。

良い買い物をしたと思ってます。